仮想通貨で現金

規制が掛かっている今でも仮想通貨でクレジットカード換金は可能!

ビットコインを始めとする仮想通貨は、その銘柄を取り扱っている取引所にウォレット(取引口座)を作れば簡単に売買ができます。

それで以前は、国内取引所でもクレジットカード決済で購入できて資金調達の換金法としても有効でした。

でも国外の取引所では早くからクレジットカード決済での購入を禁止にしているところが多く、国内もそれに倣って購入できなくなっています。

クレジットカードで仮想通貨が購入できなくなった

また2018年3月ごろにクレジットカード会社がショッピング枠での仮想通貨購入を禁止にし始めました。

具体的には、クレディセゾンなど国内大手5社が足並みをそろえて実行しています。

理由は2017年度末に起こったビットコインやイーサリアムなどのメジャーコインの爆発的な急騰相場です。

これで仮想通貨投資に飛び込んだ人が大量に出たのですが、その中にはクレジットカードで購入した人も多かったとされています。

ですが2018年1月に突然ピークアウトをして、ほぼすべての銘柄が半値以下まで暴落してしまいました。

これでカード決済の損失発生が一気に急増し、すぐにクレジットカード会社が対応をしたということです。

では、クレジットカードによる換金は不可能なのでしょうか?

実はひとつ確実な換金方法が残っています。

それは『Changelly』というサイトを利用する方法です。

このサイトは本来ビットコインをベースとして、他のアルトコインやトークンをリーズナブルに交換できるサービスを提供しています。

しかも手数料がほんの0.5%とたいへんお得です。

ちなみに取引所では5%前後の手数料(スプレッド)が掛かりますから取引上のメリットは大きいですし、もし購入して値上がりすれば、購入代金よりも大きな現金が得られる可能性があります。

そしてこのサイトでは仮想通貨購入代金をクレジットカードで決済することができるのです。

ただし、先にも述べた通り国内の大手5社は利用できません。

楽天カードやLifeカードといった、まだ利用制限が掛かっていないカードで換金をする必要があります。

注意事項としてはChangellyが海外サイトのために、セキュリティチェックで取引がエラーになる事がよくあります。

また取引手数料のほかにクレジットカード決済手数料が5%~10%掛かるので、実質の換金率は90%前後になりますし、クレジットカードで購入した仮想通貨は、最低でも1週間売買ができないルールもありますから、即現金の必要な方には向いていません。