他人名義のカード

他人名義のクレジットカードで現金化ができる場合はある?

クレジットカードの現金化サービスは、原則本人名義のカードでないと利用できません。

他人名義のクレジットカードで現金化ができるケースはあるかかというと、基本あらゆるケースで不可能です。

現金化に限らず本人確認が必要になる

クレジットカード現金化では、そのカードの持ち主かどうかの本人確認を行います。

そこでカードの名義と現金化サービスの利用者が一致しないと本人確認ができなかったとして、サービス利用を断られます。

「他人名義でも持ち主から了承は得ている!」と言ったり、委任状などを提示したりしても相手は受けてくれないでしょう。

おそらく「ではカードの名義人が申し込み手続きをするようにお願いしてください」といわれてしまいます。家族や知人・友人でも、カードの不正利用の可能性は残ります。ですから他人名義のカードを使って現金化はできないと思った方がいいです。

ただし家族の場合、現金化ができる場合もあります。

それは家族カードを発行している場合です。

家族カードとは本人名義のクレジットカードとは別に複数枚発行できるカードのことです。

家族カードを持っている人は、自由にショッピングができます。

しかしその代金の請求先は本人名義のところに一括で行われる仕組みです。

もし家族カードを持たされているのであれば、現金化ができます。

しかし現金化サービスは利用できますが、その代金請求は親カードを持っている人になります。

ですから家族に内緒で現金化サービスを利用したいと思っても、明細が届いた時点でバレる可能性が高いです。

また現金化業者の中には、家族カードで申し込みがあった場合、親カードを持っている名義人に確認の連絡を入れる決まりにしているところもあります。

もしお金に困っているのであれば、あらかじめ親カードを持っている人に話はしておいた方がいいでしょう。

業者を使わなければ確認の必要がない

他人名義のカードで現金化ができる方法として、業者を使わない手法があります。

その方法とは、カードを使って商品を購入します。

そしてその商品を買取業者に売って現金化する方法です。

商品を購入できてしまえば、買取業者に出す際には別に使ったカードの名義がどうかいちいち詮索されることもないです。

ただし換金性の高い商品を購入して実際に買取に出してしまった場合、カード会社の規約違反に該当します。

最悪利用停止にされてしまって、名義人に多大な迷惑をかけてしまいます。

このように様々なリスクが出てきますから、クレジットカード現金化は他人名義のカードで手続きを進めるのは避けたほうが賢明です。

返信を残す