新たな流れ

仮想通貨を使ったクレカ現金化は新たな流れを作る

クレジットカードのショッピング枠を現金化するために、いろいろな方法が考案されています。

そんな方法の一つとして、仮想通貨を使った現金化の方法が注目されています。

注目されている金策の方法

仮想通貨を使って現金を作る方法は、面倒な部分や欠点もあるものの、やり方によっては従来の現金化よりも優れている部分もあります。

カード会社などの規制が強まるまでは、有効な方法の一つと言えるでしょう。

仮想通貨経由でカードの現金化を行うには、仮想通貨の取引所に登録する必要があります。

取引所の中には、仮想通貨をクレジットカードで買えるところもあるため、そういった取引所で仮想通貨をカードで購入し、すぐに現金に変えるというわけです。

仮想通貨を買うにしても、カード決済ができなければまったく意味が無いので、カードで購入できる取引所に登録するところが一番重要です。

カードで購入する仮想通貨ですが、主要なものが無難と言えるでしょう。

仮想通貨自体は、現在、いろいろなものがあって、メジャーなものからマイナーなものまでたくさんあります。

仮想通貨は、円やドルなどの通常の通貨と同じように、値段が変動しますので、あまり変動をせず安定しているもののほうが、現金化手段としては安全と言えるでしょう。

仮想通貨による現金化のメリットは、カード会社から利用停止になりにくいという点です。

ショッピング枠限界まで、何度も高額な商品を買ったりするとカード会社に怪しまれますが、投資目的で仮想通貨をする場合、投資金額が大きいほど稼ぎやすくなるという大義名分があるため、限度額いっぱいまで購入しても不自然ではないからです。

また、通常のカード現金化のように専門の業者を通さないので、換金率が高いという点もあげられます。

換金率の高さも大きなメリットの一つと言えるでしょう。

登録やログイン情報がめんどくさい

ただ、仮想通貨で現金を作る場合、こういったジャンルに慣れていないと戸惑う可能性があります。

取引所に登録したり、そこから仮想通貨を買って換金するといった流れは、慣れてしまえばそれほどでもありませんが、初めての人には少しハードルが高い可能性もあります。

従来の業者を経由する方法と比べると、少し時間と手間がかかるのは間違いないでしょう。

また、仮想通貨で現金を作る方法は、そのうち規制される可能性もあります。

従来の現金化の方法と比べて、優秀であるため、取引所でカード決済が使えなくなる可能性は低くはありません。

なので、そのうち使えなくなる可能性があることも頭に置いておくべきでしょう。

返信を残す