クレジットカードで買える

換金はカード現金化の有効な手段となりえるか?

クレジットカードの現金化は、常に新しい手段が考案され続けています。

カード会社はショッピング枠の現金化を禁止しており、不正利用を厳しく監視しているためです。

そんな中、いま一番注目されている現金化手段の一つが、仮想通貨による換金です。

主要な仮想通貨の一つであるビットコインは、取引所によってはクレジットカードで購入することも可能となっています。

いま一番注目されている現金化手段

そして、購入したビットコインは、円に戻すことも可能となっています。

つまり、仮想通貨を経由することで、換金ができてしまうのが現状です。

ビットコインの換金には、取引所やATMを利用することになります。

カードの現金化において、業者を使うとなると、それなりに手数料が取られますし、カード会社にバレて利用停止となるリスクもあります。

ですが、仮想通貨を経由する換金なら、業者と比べて換金率が高いですし、利用停止のリスクも無いので、今のところ非常に優れた手段と言えるでしょう。

仮想通貨は為替のように値段が変動するので、その点が良い部分でもあり、悪い部分でもあります。

購入した時より値段が上がれば、換金率が100%を超えるということも普通にあります。

逆に、値段が暴落していれば、目も当てられない状態にもなりかねません。

ですので、よほど知識がある人でもない限り、長期の保有は避けたほうが無難と言えるでしょう。

また、仮想通貨といったジャンルの知識が全くない人の場合、多少手間取る可能性があります。

現金化に必要な手間という点で言うと、業者を経由する場合よりも、ハードルは少し高いと言わざるを得ません。

以上のような部分を考慮しても、仮想通貨経由の現金化は優秀な方法です。

なぜこんな現金化の方法が野放しになっているかというと、まだ、仮想通貨とか取引所といった仕組みが新しいため、カード会社が対応できていないという側面があるからです。

クレジットカードで取引所なら仮想通貨が買える

仮想通貨によるカード現金化において、ポイントになるのは、取引所でクレジットカードを使って仮想通貨が買えてしまう点です。

これによって、クレジットカードの現金化ができてしまっています。

ですが、将来的には、この部分は規制されるのではないかと予想されます。

どのような方向に動くのかはわかりませんが、金券を使ったクレジットカードの現金化など、有望な手段は時間の経過とともにことごとく規制されてきている経緯があるため、いずれは何らかの制限がかかる可能性が高いと言えるでしょう。

返信を残す